1: 毛無しさん 投稿日:2007/08/26(日) 11:18:33 ID:XAErJKhL
男性ホルモン
↓5αリダクターゼⅡ
強い男性ホルモン
↓男性ホルモン受容体
遺伝子に働きかけ

この後、2つのどちらかになる
【1】TGF-β1
【2】IGF-1

【1】TGF-β1の場合
薄毛
髪は抜ける

【2】IGF-1の場合
成長
毛を濃くする遺伝子
髪は生える


『解体新ショー』(NHK総合テレビ) 再放送
☆BS2 8月30日(木)午前8時30分
☆総合 8月30日(木)深夜【金曜午前】2時20分

3: 毛無しさん 投稿日:2007/08/26(日) 11:28:00 ID:D3AIbRTP
確かにテストステロンは5αリダクターゼⅡによってDHTになるが、副腎由来のDHEA, DHEA-Sなどは他の酵素(STSなど)
でDHTになる。さらに経路も複雑。話は単純ではないか.....




4: 毛無しさん 投稿日:2007/08/26(日) 11:35:15 ID:w9jQRO8f
今後の課題は
TGFをなんとかすることか。




5: 毛無しさん 投稿日:2007/08/26(日) 12:18:32 ID:eQ0fvekg
結論:薄毛は個性




6: 毛無しさん 投稿日:2007/08/26(日) 12:22:40 ID:EsJvZwHp
ハゲといわないNHKに生殺しにされてる気分になった




7: 毛無しさん 投稿日:2007/08/26(日) 12:48:24 ID:9I+WubfN
 あまり信用できない。
 食生活も血行も普通に関係あるので。
 ただ、大きな要因になってることは間違い無い。
 けど、解体しただけで、改善策なしかよw




8: 毛無しさん 投稿日:2007/08/26(日) 12:56:28 ID:JYnnjeWo
要するにリーブ、バイオは嘘だから行くなという国営放送としての警告




9: 毛無しさん 投稿日:2007/08/26(日) 12:59:47 ID:D3AIbRTP
>>8

それは正しいと思う。金かけるだけソンする。
お金があったら、ジムに行って、汗流そう。




10: 毛無しさん 投稿日:2007/08/26(日) 13:01:13 ID:w9jQRO8f
昨日は男性型脱毛症の事についてだったから
男性型脱毛症は食生活やら血行が原因じゃないって事じゃない?
本当に食生活やら血行不良のみで薄いなら男性型じゃないって事だよ。




11: 毛無しさん 投稿日:2007/08/26(日) 13:04:04 ID:9I+WubfN
 でも、食生活とか血行改善しても進行が完全に止まったり
 生えてくる訳でもないから、やっぱり根本的にはホルモン云々なんだろう。




14: 毛無しさん 投稿日:2007/08/26(日) 13:36:18 ID:wCOnoa5N
タレントのプレゼンとかやってる時点でなまぬるい番組だったな。
薄毛は個性とか民放じゃできないだろってことなんだろうけど。
サイエンスをとことんやるなら、NHKスペシャルみたいにちゃんと取材してほしい。
遺伝子レベルの解明とか再生医療とか。




15: 毛無しさん 投稿日:2007/08/26(日) 13:38:33 ID:VOqa/FNs
3の言うように生体内の反応経路は複雑でDHT生成後にTGF-β1が発現し
薄毛に導くといっているがまだ未知のなんらかの影響を与えている
細胞内メッセンジャーが多々存在するかもしれないので単純にTGF-β1を
阻害して薄毛が完治するかは疑問が多い。
やはり新薬を期待するとこの先かなり長い年月を要するだろう。
完全に良い方法で期待できる治療とするならばやはり再生医療に期待するのが
一番の方法と考えられる。(個人的な見解)





16: 毛無しさん 投稿日:2007/08/26(日) 14:26:24 ID:D3AIbRTP
>>15

今できることは、副腎由来のDHTを減少させること。




21: 毛無しさん 投稿日:2007/08/26(日) 15:54:30 ID:dOV/Vgw7
TGF-β1はアポトーシスに至るまでに流れに共通するもので
ハゲ、薄毛だけに限定するものじゃないだろう?
むしろ、その前の段階。
結局、今のところは元凶のDHTに落ち着く。




23: 毛無しさん 投稿日:2007/08/26(日) 16:13:32 ID:EsJvZwHp
でもためしてガッデムでは
温シップ冷シップは気持ちいいだけで効き目なしとはっきり言ってたぞ




26: 毛無しさん 投稿日:2007/08/26(日) 18:17:03 ID:/3DreO29
ハゲは皆残念な遺伝子だろ。


男性型脱毛症・遺伝子検査キット 


27: 毛無しさん 投稿日:2007/08/26(日) 20:56:48 ID:09FK28fE
男性ホルモンで薄毛になるのに、髭が伸びるのはなぜですか?

この矛盾は長年不明でしたが、最近の研究では以下のようなことが分かっています。
思春期になると生まれる髭の毛乳頭細胞には、男性ホルモンが増殖性のシグナルとなり
IGF-1という成長因子が分泌されます。
その結果、毛母細胞が活性化されて、髭の成長期が延長し、結果、髭が伸び始めます。
しかし頭髪の場合、男性ホルモンは抑制のシグナルとなるようなのです。
TGF-β1というサイトカインが分泌され、毛母細胞がアポトーシス(自滅)し、休止期に
移行しやすくなるという事です。今後TG-βをターゲットにした治療薬が開発されるかも
しれません。




29: 毛無しさん 投稿日:2007/08/26(日) 21:01:47 ID:7/FYYams
早くTG-βをターゲットにした治療薬を開発してくれ





育毛・発毛 ブログランキングへ