HUGE HAGE

プロペシア、ミノタブからHARG、jigami、HSC、HST、RepliCel、ACELLまで 

    |HUGEHAGEまとめ 管理人おすすめ記事
      ・ハゲをもっと科学的に治すスレ

      ・【TGF-β1】ここまでわかった【IGF-1】

      ・体毛が薄いのにハゲてきている人

      ・【パントガール】女性の育毛・薄毛【ハゲ克服】

      ・《待望》ミノキ+レチンA専用スレ《スレ》

      ・ミノタブ+フィナ効かなかった奴wwwwwwww

      ・【ハゲ】プロペシアの「初期脱毛」について【防御】

      ・【Ⅰ型5αリダクターゼ阻害法の情報交換】

      ・ダーマローラーで育毛してる奴wwwwwwww

      ・【最強】デュタ+フィナ【育毛法】

      ・【パントガール】女性のハゲ・薄毛対策【びまん性脱毛症】

      ・ミノキシジル注射とかアクシダーム療法

      ・【フィナ効かない】デュタ服用量議論スレ【Ⅰ型Ⅱ型阻害】


    タグ:DHT

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    a0002_000307

    1: 毛無しさん 投稿日:2008/09/26(金) 00:52:11 ID:ek8apWaH
    だよね?




    3: 毛無しさん 投稿日:2008/09/26(金) 04:33:01 ID:u6jsSF8h
    >>1
    そうだよ




    4: 毛無しさん 投稿日:2008/09/27(土) 20:15:39 ID:Gvp5sSfr
    >>1
    それだけじゃないよ
    オレの場合はDHTが原因ではないようだわ


    【【禿げはDHTの感受性で決まり】】の続きを読む あがり症? インデラルの効果

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    l_01
    3: 毛無しさん 2009/04/21(火) 16:37:09 ID:QP9FFBey.net
    ●デュタステリドは前立腺肥大症の薬として発売されています。AGAの薬としての発売は
    全世界でもまだありません。デュタを「ハゲの薬」として流用することは、ある意味非常に危険です。
    なんらかの副作用が起こっても全て自己責任です。処方薬を処方なしの個人輸入で使うだけでも
    基本的には危険である上に、ましてや本来の用途から外れる流用をする訳です。危険と自己責任を肝に銘じるべきです。

    ●デュタは服用を中止すると効果がなくなります。(ある程度の期間は血中に残ります)
    髪の毛を維持しようとする限りのみつづけなければなりません。
    何年、人によっては何十年とのみ続ける薬です。なので効果の期待できる範囲で
    できる限り服用量を少なくすることが望ましいと思います。

    ●アボダート(デュタス)1カプセル0.5mgを毎日服用するのは前立腺肥大症に用いる量です。
    この量をAGA治療に用いるのは多すぎると思います。おそらく前立腺肥大症の治療にデュタを用いる場合でも
    0.5mg/日で症状が回復すれば、量を減らすかヤメるかするはずです。上記のようにAGAの場合は
    「治る」という概念ではないので、服用し続けます。その意味でも0.5mg/日は多すぎます。
    【【フィナ効かない】デュタ服用量議論スレ【Ⅰ型Ⅱ型阻害】】の続きを読む あがり症? インデラルの効果

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    1: 毛無しさん 投稿日:2007/08/26(日) 11:18:33 ID:XAErJKhL
    男性ホルモン
    ↓5αリダクターゼⅡ
    強い男性ホルモン
    ↓男性ホルモン受容体
    遺伝子に働きかけ

    この後、2つのどちらかになる
    【1】TGF-β1
    【2】IGF-1

    【1】TGF-β1の場合
    薄毛
    髪は抜ける

    【2】IGF-1の場合
    成長
    毛を濃くする遺伝子
    髪は生える


    『解体新ショー』(NHK総合テレビ) 再放送
    ☆BS2 8月30日(木)午前8時30分
    ☆総合 8月30日(木)深夜【金曜午前】2時20分

    【【TGF-β1】ここまでわかった【IGF-1】】の続きを読む あがり症? インデラルの効果

    このページのトップヘ