1: 【関電 79.8 %】 @関電φ ★ 2013/08/17 19:02:17
夏は出会いの季節とはいいますが、じっとしていては異性との出会いなんて望めませんよね。それは男性にとっても同じこと。
すてきな女性との出会いを求めて、海へバーベキューへと積極的にアウトドアに出かける男性も多いですが、
最近ではFacebookなどのソーシャルネットワーク(SNS)を利用して、インドアから出会いを求めるという男性も増えているようです。

銀座HSクリニックが20~60歳代の男性400名を対象に行った調査によれば、ある外見的な特徴を持った男性は、
その特徴がない男性に比べて、およそ2倍もSNSでの異性との出会いを期待していることがわかりました。


その特徴とは、なんと“薄毛である”ということ。どういうことなのか、今回はその調査内容を詳しくご紹介します。

■頭部と出会いへの期待の関係

同調査によれば、対象となった男性400名のなかで、SNSの代表格でもあるFacebookを利用している67.5パーセントが、
SNSを利用する理由として“友達との交流や情報収集”だと回答しましたが、実はそのなかでも、なんと薄毛の男性は薄毛ではない男性に比べ、
およそ2倍も“異性との出会い”を期待していると明らかになったんです。

また薄毛の男性は、薄毛ではない男性よりも頻繁に“いいね!”をしている人が多く、その頻度は“ほぼ毎日”もしくは“週に1回以上”だということがわかりました。
一方で、“月に一回程度”しか“いいね!”しない男性は、薄毛ではない男性のほうが多くなっていました。

“いいね!”するということは、積極的に他者と関わろうという意識が高いことのあらわれだといえます。
つまり、SNSを通じて、親しくなりたいという気持ちが強いことで、“いいね!”してしまっているんですね。

いかがでしたか? なぜ、薄毛の男性がそうではない男性よりもSNSを通じた出会いに期待しているのか、直接的な理由は定かではありません。
ですが、SNSのプロフィールで使用する写真を、薄毛の男性は薄毛でない男性の2倍以上の割合で、自分の若いころの写真を使用していることが、
今回の調査からも明らかになっています。

つまり、薄毛が気になるため、直接の出会いには抵抗があるものの、異性との出会いのチャンスは欲しいという男心が、
SNSの利用という手段をとらせているのかもしれません。男心の繊細さが垣間見える、興味深い調査結果ですね。

ソース:マイナビウーマン
http://woman.mynavi.jp/article/130817-041/

【【社会】薄毛男性ほど「SNSでの女性との出会いを求めている」ことが判明】の続きを読む あがり症? インデラルの効果